政府配給マスク、捨てないでください。

LINEで送る
Pocket

こんばんは。八木裕子です。

いつもありがとうございます。
外出自粛の影響をしっかりうけまして、日々のんびりさせていただいております。

(飲食店ほどではないです。ありがたいことです。)

それで良いのですが、すっかりのんびりすることに慣れてしまい、

今日は、久しぶりに4名の施術をさせていただいたら、ぐったり(笑)

(最後のお客様はご新規リセットケア🎵)

事態が終息した後に私は社会復帰(と表現したくなる)できるのだろうか?

5年位前だったか?

ぎっくり腰で寝たきりのところへ子供からインフルエンザをもらい、

2週間くらい寝ていたことがあって、その時の気分にけっこう近い。

 

 

さて、エイプリルフールに発表された政府からマスクが2枚支給される件。

静岡はまだ各家庭には届いてないみたいですが、介護施設従業員向きには届いているみたいです。

施設によって形は違うみたいですね。いろんなところで作ったものをとにかく配っているのだと思います。

顔にピッタリフィットする形、それいいねぇと思うものをしている方もいらっしゃる。

でも

 

あの日、総理がしていた給食当番マスクだったところが多いみたい。

とにかく四角く、真っ平。顔のラインに合わないでしょ。

横幅もこんなで

工夫して作った手作りマスクをすでに使っている人には心もとないばかりでは?

 

そしてこのマスクをみたときに思ったこと。

こうして大勢に配るために、政府はたぶん1~2か月前から、あちこちに生産を依頼していたのだろう。

世間のガーゼ不足の原因は、庶民の手作りマスクよりもこれじゃね?

そこでフットケアに関わる者として、

こんなマスク使えねーと思った方のマスクを回収させていただき、ゴムは手作りマスクに再利用、

本体は傷の処置に支障をきたしているところへ寄付しようと思います。

傷の処置、そう、傷ときいてどんなものを思い浮かべるでしょうか?

かすり傷ではありません。

たとえばなんて、ここで写真を並べたら、皆さん、目をそむけたくなるような傷です。

そう簡単には治りません。なんとか悪化を防ぎ、足の切断をなんとか食い止めようとしている傷です。

骨が見えるほどの大きな穴にマスク1枚分くらいのガーゼ、余裕で入ってしまうくらい、ガーゼ必要なんです。

たぶん多くの方が、がっかりしたマスク2枚支給の速報。

いまだいろんな感情があると思います。

布マスクをすでに活用している方は、こんなの使えねーよ、とか、

もうこんな政府大っ嫌いだーと思っている方は、見たくもねーよ!!

とか。

でも捨てないでください。貴重な資源です。

この辺りの家庭あてに届くのはまだ先かもしれませんが、

届きましたら、ご不要な方は、なるべく早く

かのんにお持ちいただくか、ご郵送ください。

終息した際に、フットケアの割引サービスという形でお礼をさせていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

八木裕子でした。

 

追記:ただいま、感染拡大防止のために、積極的な集客を控えさせておりますが

「要」のあるお客様には対応させていただいております。

今後状況を見ながら、最悪、看護師として、

医療に戻らねばということも覚悟しております。

先のことはわかりません。

ただいま、ただいまの痛みや不具合、お早めにご連絡をお願いいたします。

今までの衛生管理に加え、ケアスペース以外の除菌、ふき取り作業を念入りに

風通し良く、お客様のお時間が重ならないようにゆとりあるご予約など、

できることをさせていただき、お迎えしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

2 thoughts on “政府配給マスク、捨てないでください。

  1. 高橋景子

    お店の前を通ってアベノマスク回収していると知りました。
    手作りマスクも入れて良いです?

    1. kanon Post author

      コメントありがとうございます。
      アベノマスクを回収している理由はこの記事に書いてあるとおりで、用途はマスクではありません。回収したものはゴムと糸を抜き、ガーゼとして、寄付をしております。せっかくの手作りマスク、そのようにして構わない、かつそのような使い道でも有効なガーゼを使われているようでしたら、どうぞ、入れてください。なおアベノマスクのゴム部分がご入用でしたら、お気軽にお声をおかけください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です