足トラブルの種類

LINEで送る
Pocket

足や、足爪の代表的なトラブルをご紹介します。足裏や足爪のトラブルは、特に女性は隠しがち。なかなか相談もできずに放置しておくことで、さらにひどくなることもあります。「あしのお手入れサロンかのん」は、看護師国家資格所有者のFSI認定のフスフレーガーが行います。メディカルな視点で衛生面はもちろん、足のみならず、お体の不調に配慮させていただきます。どうぞ、安心してお悩みをご相談下さい。

足トラブル1.肥厚爪

肥厚爪の症状と原因

肥厚爪(ひこうつめ)は、長い間の足先の圧迫などで爪が分厚くなってしまうトラブルです。
ひどくなると、靴を履くことに支障をきたしたり、歩行が難しくなったり、外出を妨げる原因となります。また、靴下や布団がひっかかり、痛みを伴うこともあります。肥厚爪の方は、あまり健康な爪に見えないために、その見た目を隠そうとする場合があり、ご家族が気づいた時には悪化してしまっていることが多々あります。肥厚爪の原因は一つではありません。

 

肥厚爪のフットケア例

肥厚爪のケアは、まず、分厚くなった爪を切除することから始まります。個人差があります。

  

↑90歳女性の方。厚くなってしまった爪が反り返ってしまい、伸びてしまっていました。
厚くなった爪部を取り除き、ナーゲルプロテーゼ(人口爪補正)を施術しました。

(医療機関で治療の必要がないことを確認されています)

 

足のトラブル2.タコやウオノメ

タコ・ウオノメの症状と原因

皮膚の一部が固くなり、外側に飛び出してくる「タコ」と、硬くなった角質が皮膚の内側へとがって入り込み、神経を刺激する「ウオノメ」があります。タコやウオノメは、自然には消えることはありません。痛くないからと放っておいてしまうと悪化してしまい、歩行に支障をきたします。

原因は以下のものがあります。

  1. 靴のサイズが合っていない
  2. 偏平足
  3. 歩き方にクセがある
  4. 冷え性

タコ・ウオノメのフットケア例

 

↑硬くなった角質を取り除くケアをします。

足のトラブル3.かかとのガサガサ

かかとのガサガサの症状と原因

かかとのガサガサは「角化症」と呼ばれています。女性の足に多いトラブルです。ひどくなるとパッカリと割れて出血し、痛みます。原因は次のようなものが有名です。

  • 靴のサイズが合っていない
  • 冷え性(裸足が多い)
  • 加齢
  • 姿勢が悪い
  • 角質のケア不足
  • 栄養不足

かかとガサガサのケア例

  

↑フットバスで柔らかくなったかかとの角質を取り除き、最後にトリートメントを行います。

 

足のトラブル4.巻き爪

巻き爪の症状と原因

巻き爪は、爪の端が肉に食い込んでしまっている状態で、かなりの痛みを伴います。ひどい巻き爪は、靴を履くことも歩くこともできないほどの痛みを伴います。原因は次のものが考えられます。

  1. 靴のサイズが合っていない
  2. 爪の切り方が間違っている
  3. もともとの爪の形状
  4. 歩き方にクセがある
  5. スポーツなどによる足先の負荷
  6. 体重の急な増加
  7. 加齢
  8. 歩行不足

巻き爪のケア例

爪のカットを行います。ご希望により、巻き爪用の補正プレートを貼ることがあります。
巻き爪に関しては、その種類や度合いによってケアが変わりますので、ぜひご相談ください。

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket