新メニューのご案内~爪甲鉤彎症リセットケア~

こんにちは。八木裕子です。

6月ごろより、大阪のフットケアサロン、フットエムさんよりご指導をいただき、

爪甲鉤彎症のケアについて見直しをしてまいりました。

・・・・爪甲鉤彎症とは、簡単に言うと、

爪が爪床(趾の背中)に沿ってまっすぐ前に伸びず、

爪が剥離して、厚く盛り上がったり、

反り返ってしまったりした状態の爪を言います。

 例えばこんな感じの・・・

 

 

 

 

 

 

 

今までも肥厚爪ケアというコースの中で、形を整えて、可能な方には、付け爪でカバーしてということをしてきました。

今までの、このケア。

見た目がガラリと変わることで、その場のお客様の感動がとても大きく、喜ばれることも多かったのですが、

いろいろと気になることもありました。

付け爪は放置してほしくないのですが、その後、定期的にいらっしゃるお客様が少ないこと。

その結果、衛生面がとても心配なこと。

付け爪に使うジェルは抗菌作用があり、ドイツでは白癬菌に侵された爪にも使用OKとなっています。

むしろ付けたほうが予後がいいと習いました。

しかし、ここは日本。法的に医療機関ではないサロンでそれはNGなうえ、感染しているかどうか確定診断もできません。

そもそも、その抗菌作用、どの程度の物か?非常に疑わしいと言うのが、実際にお客様に施術してみての印象。

 

中にはグリーンネイルになってしまう方もいらっしゃったし、せっかく残っている爪がふやけてボロボロになり、

接着面(残せる爪の面積)がどんどん狭くなってしまう方もいらっしゃいました。

なので、今後は、付け爪を積極的にはお勧めせずに、爪甲鉤彎症そのものを改善に導くケアとして、

爪甲鉤彎症リセットケアをコースメニューとして取り入れることにしました。

今までのケアとの主な違いは、爪溝(生え際)のケアに重点を置いていることと、テーピングアドバイスを含みます。

***すべての方に改善を保証するものではありません。

また改善の速度には個人差がございます。

価格は以下の通りです。

☆初回料金(税別)

片足の拇趾の場合 9,900円

両足の拇趾の場合 13,200

もちろん両足すべての爪をきれいに整えさせていただきます。

爪甲鉤彎症の状態になっている爪が片方の場合、両方の場合、ということです。

そして爪甲鉤彎症は拇趾に多発するためこのような設定にさせていただきました。

これに当てはまらない方もお気軽にご相談ください。

☆2回目以降(2か月以内の定期的なケアの場合)

片足の拇趾の場合 5,000円

両足の拇趾の場合 6,500円

ぜひお気軽にご相談ください

ご指導いただいたフットエムさんのホームページ

もぜひご参考に。

 

ご予約は

フットファースト静岡草薙かのん店
054-395-6852

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP