スタッフ、ちえちゃんのこと

LINEで送る
Pocket

こんばんは。八木裕子です。

また久しぶりの更新となってしまいました。あれ?こんなにブログかいてなかった?と思ったら

下書きのままのがいくつか放置

開店してからは、大晦日に紅白を見ながら、とっても穏やかな気持ちでブログを更新するのが私的に恒例となっている。

でもその前にとても大切なことなのに、きちんとこちらでお伝えしていなかったことを書かねば。

大晦日の挨拶にすることではないっ。

7月からスタッフとして一緒にお仕事をしてくれているちえちゃんのこと。

今のところ、月水金の午後にお店に来てくれています。

きちんとスタッフとして紹介するのに、ちえちゃんはないでしょう!!と思う方もいらっしゃるかもですが、

やっぱりいつも、ちえちゃんと呼んでいるので、ちえちゃんはちえちゃんでしかない。

ご了承ください。

出会いは、私が訪問フットケアを開業したころ。

イベントで一度フットケアを受けに来てくれて、その後はFBでつながっていました。

昨年夏ごろ、いろいろ思うことがあり、技術者を育てたいという思いがだんだん大きくなってしまい、

FBで、フットケアをお仕事として検討される方、ご連絡下さい。たしかこんな感じの簡単な投稿をしたところ、

唯一連絡をくれたのが、ちえちゃんです。

ちえちゃんは介護福祉士で、介護のお仕事を通してフットケアの大切さを感じてくれていた人。

これからフットケア道を目指してもらうのに申し分ない。

当時は、スタッフとして雇いたい人を募集していたわけでもなく、

自分の目の届くところで、きちんとまともにフットケアに取り組んでくれる人を育て、応援したいというのが私の目的。

まだまだこの仕事、需要と供給がアンバランス。私はすでにそこそこ忙しくしているのだけど、

いいかげんな仕事をしている人たちのところにもお客様は行ってしまう。

プロから見れば、明らかに、

どこでも学んでないよね?普通、そんな施術はしないよ?

といいたくなるようなびっくりするような施術者がスクール事業を始め、

おそらく似たような施術者を育ててしまう。

この静岡でも全国どこでもそんなことがあって。

そんなのがのさばっていくのを少しでも食い止めたいと思ったのがきっかけ。

ちえちゃんは昨年秋ごろから、サロンに話を聞きに来てくれたり、施術を見学に来てくれたりしながら、

今年に入ったあたりから、本格的に技術指導をスタート。

スクールに行った後の人のフォローはしたことがあっても、0から人を育てるのは私も初めての経験。

そんな不安をよそに、持ち前の器用さと素直さで上達は早く、お客様を任せられるほどに上達しました。

まだまだ開業するには不安というちえちゃんの状況と、

こんないいこ、ここではたらいてほしいという私の気持ちが一致しまして、

7月からスタッフとして入ってもらうことになりました。

秋にはJAFTA(日本フットケア技術協会)の技術認定試験

(FSI以外で学んだ者にもFSI認フスフレーガーと同等とみなすもの)にも合格!!!してきてくれました。

写真はいつか、バラの花を買ってきてくれたちえちゃんです。

 

クリスマスにはこんなうれしいプレゼントをとにかく一緒にフットケアをしていくスタッフとして、仲間として、申し分のない人なので

私ともども、どうぞよろしくお願いします。

そしてお願いです。

長いお付き合いをさせていただいてるお客様は、やはり私にとご指名下さいます。

それは大変ありがたいことですが、どうぞ、ぜひ一度、ちえちゃんの施術を受けてみてください。

私もほどほどに休息をとりながら、店をうまく稼働させたい、

出張施術とサロン施術を両立させたい、

講師業も時にはこなし、全国的なフットケアの技術向上に貢献したい

いろんな思いがあります。ご理解とご協力をお願いいたします。

月水金午後は、ちえちゃんの日です♪

※現在、HPや看板に虚偽事項があります。看護師が施術します、というもの、ちえちゃんに看護師免許はなく介護福祉士です。追々修正をしていきますが、費用もかかりますので、ご理解いただけますと幸いです。

八木裕子でした。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です