富士山セミナーお礼とその後

LINEで送る
Pocket

またまた久々の投稿となってしまいました。

マメに更新しなきゃと思いながら、ついつい、怠惰な日々。

でも最近、ブログに残さなきゃ!!と思う出来事は連発。

その前にまずこの件を。

 

9月6日(土)日本フットケア・足病医学会の富士山セミナーに参加してまいりました。

ライブ(主に技術を公開するセッション)に出てほしい、そんな打診があったのが、たしか2月?まだまだ先の話と思ったものです。

ちなみに私、フットケア学会は、本物のなんちゃって会員。認定資格のフットケア指導士も、経営上の費用対効果に見合わない!(あくまでサロン経営上です)と取得してなければ、学術会やセミナーだって、いつも遠くて、店閉めてなんていけない!と参加さえせず、今年の2月に、閑散期だし名古屋なら何とかと初めて行ってみたというくらい。

それで、そんな大それたことを引き受けてしまってよいのか・・・?

何事も経験。きっとやって良かったと思える。言いたいことをいえるチャンス!!

持ち前の図々しさを200%発揮してやります!!即答。それに!!

大好きな花田先生からのご依頼(←ここ一番大事!!)

挑戦することができました。

地元開催だから、きっとこんな機会は最初で最後。

なら、どうしても鈎彎症の話がしたい・・・

ギリギリに内容を変更させていただき、座長の先生やほかのファシリテーターの先生方に調整をご協力していただきました。

前の日の夜は眠れず、当日の朝も緊張の嵐。

何度練習しても噛むし、アニメーションのクリックも忘れるし。

朝ごはんはのどを通らず(ホテルの御飯がまずかったのが加勢)

ちょうどお昼の時間に持ち時間。低血糖を起こしそう・・・

直前にコメンテーターの先生のコメントが、用意した発表内容と真逆・・・。

心の中でちーんって鳴った。

もう二度とやらないと心に誓う。

それでも直前までにきちんと気持ちを立て直し、開き直ることができたのは、なんでここにいるのか、考えることができたから。

鈎彎症で悩んでいたお客様の声を届けたい。

適切な医療を受けられず、無駄につらい思いをしたお客様の声を。

代弁するだけ。何も間違ったことは用意してない。

それから、今回、私が出るならと遠くから応援に来てくれた人がいたこと。

交通費も半端ないのに弾丸で駆けつけてくれた仲間たち(広島・栃木・東京etc)。

師匠の美晴さんも大阪から。

私が出なければ、来てないでしょう?っていう自信ある(笑)

たくさん勇気をもらいました。

ありがとうございます。

終わってみたら、私的に120%の出来。

(後になってこの言葉も入れたかったとか若干あるけど)

噛まなかったし、アニメーションもまちがえなかったよ。

批判したい人もいるかもだけど(そりゃいるでしょう!!)、

幸い、私にその声は届いてない。

聴講いただいた方から、インスタやホームページを介し、

お問い合わせや好意的な感想をお寄せいただいております。

ありがとうございます。

まだまだ全員の方に対応できませんが、真摯に技術を学びたいという方には、極力、お会いする機会を作り、技術をお伝えしたいと思います。

鈎彎症で悩む方が一人でも減ることを願い、

同じ思いでケアに向かう技術者が一人でも増えることを願いつつ・・・。

 

 

Special Thanks 

同じセッションの先生方と終了後に。解放感半端ない。花田先生のお顔入りのビスコをもって。

竹内先生(一番左)、私の緊張をほぐそうと、たびたび後ろをふりかえり、ニーって微笑んでくれたことは忘れません。たぶん。

 

応援に来てくれた静岡フットケア協会メンバー。

左:私に鈎彎症のケアを教えてくれた師匠、賛助会員さんでもある、フットエムの美晴さん。

後ろ:賛助会員であり、協会の広報担当のアシウェル水口社長

右:協会副代表のエムズキュア・ひろ子さん

ほかのメンバーと写真撮りそびれたことが悔やまれる。

写真ないけど、スタッフのちえちゃん、藤枝のオフリール・奈美ちゃん、由比の佐野さん、チーム静岡メンバー、みんなありがとう。

遠方からも、超弾丸でかけつけてくれた広島の白土さん、福生の綾さん、会場で会えなかったけど、栃木の茂木さん

ネイルの世界からもプリちゃん。来てくれてうれしかったです。

 

横浜の爪と皮膚の診療所の山口先生(中央)。今回、演題を乗り切るのに、勇気をいただきました。

と交流会の幹事をしてくださった石橋さん。

 

大会長の花田先生。愛がいっぱい。先生のおかげで知らなかった景色を見ることができました。

本当にお疲れ様でした。

 

ご紹介しきれませんが、当日、ご一緒させていただいた皆様、お世話になりました。

ありがとうございました。

演題での写真の使用を快諾くださったお客様にも心から感謝を。

八木裕子でした。

 

そうそう、この子にもたくさんパワーもらいました。富士山セミナー用、お守りネイル。

手の爪にネイルをしたのは、結婚式以来。人生で3回目。

ここぞという時にお世話になります、藤枝のユニネイルさんの手描きネイル。

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です