鈎彎症、卒業生の一例とお母様の思い~

LINEで送る
Pocket

こんにちは。八木裕子です。

つい、先日ブログ更新したばかりですが、

どうしてもこの件は発信したいと思いました。

先日、鈎彎症のお客様が一人、きれいな爪となり、ご卒業されました。

一年前に導入した鈎彎症リセットケアですが、取り組んでいただいたすべてのお客様に改善が見られ、

ご卒業は6人目となります。

初回ご来店は今年3月。当時は中学生のコウキくん(仮名)でした。

鈎彎症になったのは小学生のころから。

ずっと悩んでいたお母様。ご縁を感じるのは、以前から、私の師匠、フットエムさんのHPを見ていたけど、大阪までは通えないとあきらめていたところ、当店のホームページを見つけたとおっしゃっていたことです。

フットエムさんから、直接技術を伝授していただいたのは、全国で私だけ。

その私が、近所にいた。インスタでみて、メールを送った。大阪まで通っても、学びたいと思った。あの時の自分の行動力は、このお母さんの思いがつないでくださったのかもしれない。

そんな気さえします。

まず、爪に負担をかける余計なものを取り除くことからスタート。こちらが初回ケア後の写真。

ここからエピソード満載なお客様でした。

その後、きちんと靴を合わせてくれる靴屋さんをご紹介して、外履きのみならず、上履きも体育館シューズも変えて。

その時のことを、

「生まれて初めて、足にぴったりの靴を履いた。人生の記念日」

と言ってくれました。

その後、妹ちゃんが、部活で膝を痛めてしまいます。

真っ先に同じ靴屋さんに行かれました。そんな大変な時にお母様は

「コウキの爪のおかげで八木さんと出会えて(靴の対処ができたから)よかった」

そんな前向きな、とてもうれしいことを言ってくださいました。

そしてコウキくん、足裏に小さなイボがあったので、皮膚科受診をお勧めしましたが、

受診した結果、こんなに爪を深く切り取られたことを責められてしまいます。

(切り取ってはいませんが(-_-;))

治療方針が違う、よく考えて出直すように言われてしまいました。

お願いしているのはイボであって、爪のことはいいのですが。

でもお母様でもなく、ご本人の判断で、こちらを信じて通ってくださいました。

今まで皮膚科で何もしてくれなかったではないかと・・・

そんなお話を聞いた日には、悔しいのと、そんな状況の中、選んでいただいたありがたさが身にしみて、

一人でボロボロ泣きながら店の片づけをしたのを覚えています。

2回目以降は、学校帰り、一人で通ってくれることも多かったコウキくん。

ご卒業の後、お母様がご丁寧に今までの経過とともにメッセージを下さいましたので、ご紹介したいと思います。

同じように子供の爪のことで悩む人の参考になればと、公開することも快諾してくださいました。

個人店やクリニックの名前は、決してお勧めできるところではないので、伏せさせていただきました。

 

卒業写真✌

コウキくん、お母様、素敵な思い出をありがとうございました。

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です