ドイツ行き決定打

LINEで送る
Pocket

おはようございます。八木です。

一つ終わるとまた一つ、

何かしらやらなければならないことがめぐってきます。

詳細は今はまだちょっと言えないけど、

自分にその役割が与えられたことに感謝。

(↑ドイツ報告の続編が書けてない言い訳だったりする)

ドイツ報告の続編の前に、FSIからまた、セミナーの案内が来て、

思い出したこと。なぜドイツに行く気になって、行けちゃったか。

そうそう、これのおかげ。ここからくる案内はいつもこうして、透明の封筒に入ってくる。

ドイツ研修の案内もそうだった

どうせ行けるわけないし・・・

そんな費用捻出できないし・・・

子供の学校もあるのに、子供おいて何日も海外なんてとんでもない・・・

店何日も休んだら支払うものさえ支払えないじゃん

できない理由しか並ばない私は、開封もせず放置。

そんな私の目の前に

あんた、これ行くのかね?!

と案内を掲げる母。

え?そりゃ、行っていいならいきたいけどさあ。

お金もかかるし、子供が学校ある時に何日もいないのはさー。

休みの時に行かれるより、

学校がある時のほうがいいけどね。

と切り返す母。

行ってもいいらしい・・・

行こう行くしかない。

お金は頑張って稼げばいいだけ。

足りなければ借金だってなんだって、どうにでもなるでしょう。

とりあえず資料請求FAX~~。

一瞬にして、ベクトルは完全に行く方向。

思えば・・・店を始めた時もそう、

いつも応援しているそぶりなんか見せない。

自営業ってだけで、快く思ってなかったはず。

前の店でぐちゃぐちゃわけのわからないことを言われ始めた時に

そんな店じゃしょうがないわね。自分でやるしかないわね。

と言った母。

本人に自覚はないらしいけど、ここぞと言う時、強烈に背中を押す。

あなたがそう言ったから、私はドイツへ行ったと、言ってみたら、

やっぱり覚えていない。

ちょっと神っちゃっただけかなあ(笑)?

ともかく、行けて良かったと心から思っているので、

この透明の封筒と母に感謝。

八木裕子でした。

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です